異年齢の交流を活かした保育

異年齢の交流

異年齢の交流を活かした保育内容 食事や散歩、その他の遊びの場面で異年齢交流を積極的に取り入れます。同年齢の集団にない様々な関係の中で豊かな情緒を育むきっかけを創出します。

豊かな情緒

絵本・紙芝居の読み聞かせは、新しい世界観に連れて行ってくれる素敵な時間の始まりです。
見たことのない色やもの、風景に触れることで子どもの脳は刺激されて、感情や感性を豊かにしていきます。

遊びとは、スキンシップを通して楽しい時間を過ごすことです。又、コミュニケーションを深め他者との関係性を作っていくことでもあります。遊びながら他者の存在を意識し、その場の雰囲気を共有していきます。