保育士と家庭の連携

協力しあえる関係作り

定期的に保育参加や園イベントを開催し、子どもたちと一緒にご両親、おじいさま、おばあさまにも、制作・ワークショップ・運動などにご参加いただき、楽しんでいただくと同時に、 保育士が家庭との連携を深め、協力し合える良い関係を築いていくことで子どもたちにと ってよりよい環境づくりとなるようにいたします。

保育参加

ワークショップでは実際に体験して学べます。意外な一面を発見するのもうれしいことではないでしょうか。何となくわかっているつもりでも、意外に知らないことは多いです。実際にワークショップに参加したことで、親が知らなかった子供の新たな可能性に気づいたというケースは少なくありません。

乳児期は、いろいろな体の動きを覚えたり、心肺機能や骨の形成を促したり、また何事にも積極的に取り組む意欲を育むなど、生涯にわたって健康に、豊かに生きるための基盤を作る時期です。